デザインが学べるプログラミングスクールまとめ【デザイナーに就職できる】

クライアントから依頼を受けてインターネット上でHPを作成するWebデザイナー

デザインによって集客率が左右されることがしばしばあり、発注者側も重要視する部分です。

「集客率がupして売り上げも上がりました!」なんて、売り上げに直でつながるかもしれないWebデザインの仕事はやりがいもあります

企業に所属するだけでなく、フリーランスとしても活動することができるので注目している人もいるかもしれませんね。

今回はWebデザイナーを目指す人のために、Webデザインを学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

Webデザイナーの現状やスクールの選び方も合わせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Webデザイナーって儲かるの?

結論から言うとWebデザインを専門にして生活をしていくことは難しいと言えるでしょう。

wixやjimdoなどのHP作成サービスがリリースされており、素人でも簡単にHPを作れる時代になったからです。

動画配信サービスのYoutubeでも現役デザイナーがWebデザイン講座を公開していたりと、簡単にWebデザインの基礎くらいは学べてしまいます

そうして知識を得た素人の方がフリーランスとしてクラウドソーシングで仕事を受注・経験を積み力をつけることも。

また現状として、デザイナーの求人募集は多数見かけますが、デザイナーの数も多くWebデザイン業界は必然的にライバルの多いレッドオーシャンです。

しかし、先ほども言ったように素人デザイナーもいるので、スキル不足なデザイナーも散見されます。

キャリアビジョンを明確にしよう!

Webデザイナーになりたい!と単純に夢見るだけでは現実に打ち砕かれてしまいます。

誰でもWebデザイナーになれるこの時代を勝ち抜いていくには、HTMLやCSSなどの基本的なデザインスキルを持っているのはもちろん、さらに+αの技術が必須

企業側も「デザインできる」だけではなく、「使いやすさ」や「マーケティング」スキルを習得している実践型のデザイナーを求めています

これらを踏まえた上で、自分がどうなりたいかをよく考え、キャリアビジョンを明確にする必要があります。

スクールの選び方

今後のキャリアを左右するかもしれないので、スクール選びは慎重に行いましょう。

以下、3つの点に注意して気になるスクールの無料相談会に参加してみたり、HPをチェックしてみてください

1.講師の質・卒業生の作品に注目

業界最前線で活躍している現役のエンジニアが講師であることが望ましいです。

現役であれば業界の内情に詳しく、なおかつ第一線で働いているのであれば最先端技術を知っているからです。

また、卒業生の作品をHP上で公開しているのであれば、必ずチェックしましょう。

最終的にどういったものを作れるようになるのかで、スクールの質が分かるはずです。

2.実践的なカリキュラム

Webデザインは作ってなんぼです。

座学中心で知識を詰め込んだだけでは実際の現場で何も役に立ちません

質が悪いのが、大手のプログラミングスクールでもこういったカリキュラムを組んでいることが見受けられること。

実際に手を動かして、卒業までにHPを作成するなどの実践的なカリキュラムを組んでいるスクールを選びましょう

3.+αのスキル習得が可能かどうか

くどくなってしまいますが、今の時代Webデザインができるだけではクライアントから選んでもらえません

簡単ツールのリリースやYoutubeでのデザイン講座などでHP制作のハードルが下がり自称Webデザイナーがわんさかいるからです。

せっかく時間とお金を使って講義を受けるのであれば、Webデザインだけでなくリサーチやマーケティングの講座も行っているスクールを選びんで+αのスキルを同時に身につけましょう。

3.卒業後のサポート

卒業後についてキャリアプランの相談や就職・転職サポートを行ってくれると安心です。

スクールによっては運営母体にそのまま就職できたり、グループ会社への紹介を行っているところもあります

自身で就職活動を行う場合、コンテストでの入賞やかけ離れた実力を持っていなければ、スクールを卒業しただけではなかなか仕事に繋がりにくいのも現状

また、求人票にも実務経験〇年以上と記載されていることも珍しくはありません

可能であればスクールに通いながら、クラウドソーシングなどで実務を経験して実績を作っておくと就職にもつながりやすくなります

そのままフリーランスという道もありかもしれませんね。

いずれにせよ卒業生の就職・転職サポートを行ってくれるスクールを選ぶことをおすすめします。

おすすめスクールを5つ紹介!

Webデザインだけでなくプラスでスキルを学ぶことができるプログラミングスクールを紹介します。

技術×技術で自身の希少性を高めて、IT業界から求められる人材を目指しましょう

Tech Academy

学習期間内に4つのWebサイトリリースを目標に実践的なスキルを学べるデザインコースがあるプログラミングスクールです。

最終目標はオリジナルのwebサイトを公開すること。

オンラインブートキャンプ終了後には最終成果物をコンテストに応募して、第一線で活躍する審査員に評価をしてもらえます。

最優秀賞・優秀賞には商品も用意されているので、受賞を目指してモチベーションを高めることもできますね。

また、Tech Academyには2~3つのコースをセットで学ぶこともできます

例えばWebデザイン+Webマーケティング、Webデザイン+Webディレクションなど、Webデザイナーとして活躍していきたい人にとっての+aを学べるので、自身の希少性を高めるのにピッタリのスクールです。

基本情報

スクール名:Tech Academy

授業形式:オンライン

受講期間:4週間~16週間

受講料:学生109,000円~、社会人139,000円~

公式HP:https://techacademy.jp/webdesign-bootcamp

デジタルハリウッド大学

デザイン×マーケティングで、求められる人材を育成するプログラミングスクールです。

講座にもよりますがWebサイト制作の技術だけでなくリサーチやプランニング、SEOやGoogle Analyticsのマーケティング力を磨く内容を取り入れているのが特徴です。

また、目的別にコースは細分化されており、幅広いニーズに対応しています。

フリーランススタートアップパックでは、在学中にバナー案件を受注するなど学習しながら経験を積むことができます

フリーランスとして活躍している先輩デザイナーに直接指導をしてもらえるので、デザインのことだけでなく「仕事の取り方」や「実際の案件内容」なども質問できるので、フリーランスを目指す人には特におすすめのスクールです。

基本情報

スクール名:デジタルハリウッド大学

授業形式:教室

受講期間:6か月~

受講料:300,000円~

公式HP:https://school.dhw.co.jp/

TECH::EXPERT

副業やフリーランスも視野に入れたカリキュラムを用意

未経験でも最短10週~プロのスキルが身に付くプログラミングスクールです。

カリキュラムはアウトプット中心

企画、設計、デザイン、コーディングと全ての工程を学べるので、実践的なスキルを身に付け卒業後は即戦力として活躍できます。

専属のライフコーチが付くのも特徴です。

学習のスケジュールや、相談役を担ってくれるので挫折をすることがありません。

何より嬉しいのが、デザイナーとして就職・転職ができなかった場合には授業料の全額返金保証制度があること。

また、14日間以内であれば無条件で返金してくれる制度もあるので、初心者にとっては安心して通うことができます。

基本情報

スクール名:TECH::EXPERT

授業形式:教室・オンライン

受講期間:10週~

授業料:598,000円~

公式HP:https://tech-camp.in/expert/designer/top

.Pro(ドットプロ)

企業が求める実践型クリエイターを育成するプログラミングスクールです。

プログラミングとデザインを掛け合わせ、幅広いスキルを身に付けることができます

講師は現役のエンジニアを採用しており、業界最先端の情報や技術を教わることが可能

「やってみる」「意見を出して考える」「生徒同士で教え合う」といった実践形式で、一方的な抗議ではなく参加型の学習環境で挫折することがありません

また、問題解決力や実行力・発想力など、デザイン技術以外のスキルも重要視しており、フリーランスとしての活躍も後押ししてくれます。

指導クオリティを下げないために10名限定の少人数制をとっており、密度の濃い授業を受けることができます

基本情報

スクール名:.Pro(ドットプロ)

授業形式:教室

受講期間:6か月

授業料:498,000円

公式HP:https://dotpro.net/lp/

Akros

マルチスキルを身に付け、オールマイティなプロフェッショナルを目指すプログラミングスクールです。

おすすめなのは「Pro講座」。

自身のレベルや目標に合わせてカスタマイズできるカリキュラムと、現役且つ第一線で活躍する講師とのマンツーマンレッスンを受けることができます。

また、実力次第では在籍中に案件を受注することも可能

母体である(株)A-PLUSやグループ企業の(株)ホームページショップから仕事を紹介してもらえます。

学習を進めながら実際に仕事をして、分からないことは講師に聞くことができる最高の環境を提供してくれます。

基本情報

スクール名:Akros

授業形式:教室

受講期間:短期コース1~3か月、Pro講座30時間~

授業料:短期コース、Pro講座270,000円~

公式HP:https://akros-ac.jp/

まとめ

Webデザイナーには+αのスキルが必要なことを分かって頂けたかと思います。

これからはWebデザインを学ぶだけでは勝ち残っていけません。

提案力やマーケティングなども同時に学べるスクールに通い、お金と時間を有効活用して即戦力になれる人材を目指しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら
DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら