ブロックチェーンを学べるプログラミングスクール まとめ【足がかりを作る】

 

ビットコインが大流行したことで注目を集め始めたブロックチェーンという技術

仮想通貨やFXは一般化してきましたが、その根幹を支える技術であるブロックチェーンに対してはまだ耳慣れない人が多いのではないでしょうか。

今回は、気になるけど良く分からないブロックチェーンの解説と今後が期待される理由、ブロックチェーンが学べるプログラミングスクールを紹介します。

ブロックチェーンとは

IT業界にいないとあまり馴染みのない言葉である「ブロックチェーン」。

ここでは、ブロックチェーンとは何なのか、特徴と合わせて解説していきます。

分散型台帳技術

簡単に言うとブロックチェーンは台帳や帳簿を管理するシステムのことを指します。

では、私たちの生活にもなじみ深い「銀行」やその他のサービスと何が違うのか説明します。

例えばお子様の学費や生活費を送金すればその記録は銀行の通帳に印字されます。

ほとんどの人が銀行を利用しており、このような取引を日々行っていますよね。

銀行は取引の中心で様々な情報を取り扱う管理者として機能しています。

このことを中央集権型システムと呼びます。

一方、ブロックチェーンが適応された仮想通貨などは銀行のような中心となる管理者が存在しません

ではどうやって取引を管理しているのでしょうか。

管理者がいなければ不正の温床ではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

ブロックチェーンではサービスに参加している全員が同じ情報を保有しており、管理するシステムが構築されています。

つまり銀行に一点集中していた取引の情報を、サービス参加者全員が知っているということになります。

このことを分散型システムと呼び、ブロックチェーンは分散型台帳技術として注目を集めているのです。

マイニングで正当性を保持

分散型のシステムがとられていることは分かっていただけたと思いますが、それでもやはり不正の温床になる可能性を否定できませんよね

ブロックチェーンではマイニングという作業があります。

日々多くの取引がなされる中で、取引の正当性を検証する作業のことを言います。

不特定多数で取引を管理している中でマイニングを行い、情報の正当性が50%以上であれば承認され記録として残るのです。

たとえ不正が行われたとしても、世界中にいるサービス参加者が管理者であるために、必ず誰かが不正に気付くという仕組みになっています。

過去データの書き換え不可

またブロックチェーンはデータの構造上、改ざんされにくいという性質を持っているので、過去データの書き換えを行うということもできません

理論上はシステムダウンを起こさない

銀行やパソコンなど中央サーバーがあるものは、そのサーバーが攻撃を受けるとシステムダウンします。

しかしブロックチェーンは情報もパワーも分散型

不特定多数の利用者が情報を共有しているので、ある特定のパソコンだけに攻撃がかかったとしても何の影響も出ません

ブロックチェーンがシステムダウンを起こすことがあるとしたら、それは世界中にブロックチェーン使用者がいなくなる時です。

ブロックチェーンが期待されている理由

先ほど挙げた「不特定多数による管理で不正を防止できる」ことや「データ改ざんができない」こと、「システムダウンを起こさない」という特徴から、信頼性が要になってくる金融や医療、機密事項の多い政治などの分野での活用が期待されています。

もちろん一般企業でも応用が可能です。

すでにブロックチェーンの活用を進めている企業もあり、この傾向は今後さらに増加するとみられています。

対して、IT企業全体で人材不足が問題となっている昨今

ブロックチェーンは注目され始めたばかりなので、今がはじめ時と言えるでしょう。

おすすめのプログラミングスクール紹介

ブロックチェーンを学ぶ上で挫折しづらく、実践的なスキルが学べるスクールを紹介します。

紹介するスクール全てで無料相談会を行っているので、気になった方はぜひ申し込んでみてください。

tech boost

未経験スタート率96%、学習継続率98.4%の未経験からIT業界で活躍する人材を育成するプログラミングスクールです。

未経験でも挫折しない理由として、現役のエンジニアがメンターとして指導にあたってくれるので疑問が残らないことプロのカウンセラーによるニーズに合わせた最適なプランを用意し無理なく学習できることが挙げられます。

また、オンライン・オフラインが選べるのも忙しい社会人の方には嬉しいサービスです。

運営会社はエンジニアのキャリアサービスを展開しているBranding Engineer。

自社サービスを通して卒業後のキャリアを無料サポートしてくれます。

初心者からIT業界への転職を目指す方におすすめのスクールです。

基本情報

スクール名:tech boost

受講期間:3か月~

入塾金:学生147,800円~、社会人184,800円~

受講料:29,800円/月

公式HP:https://tech-boost.jp/engineer

FLOCブロックチェーン大学校

業界最前線で働くエンジニアから指導が受けられ、体系的・実践的なスキルが身に付くプログラミングスクール。

最短3か月での習得を目指すので、短期集中でスキルを身に着けたい人におすすめです。

短期集中だと密度の濃い内容になってきますが、スキルチェックを行い、理解度を確かめながら進めていくので授業に置いて行かれるということもありません

受講生と企業を結び付ける人材エージェント機能を持ち、業界に詳しいキャリアアドバイザーが相談からマッチングまで行ってくれますよ。

また、申し込みから1年間は繰り返し受講が可能なので、転職後にも復習として利用できます

あまり時間をかけずに技術を習得したい方、転職先が不安な方におすすめのスクールです。

基本情報

スクール名:FLOCブロックチェーン大学校

受講期間:3か月~

入塾金:—

受講料:エンジニアコース WEB受講   396,000円

WEB+教室受講 496,000円

ビジネスコース  WEB受講   198,000円

WEB+教室受講 248,000円

ベーシックコース WEB受講   198,000円

WEB+教室受講 248,000円

公式HP:https://floc.jp/school/

Tech Academy

Webアプリケーションコースをはじめ、はじめてのプログラミングコースなど全19コースの用意があり幅広いニーズに対応したプログラミングスクールです。

デザインコースやマネジメントコース、2~3つのコースがセットになったセット割やブートキャンプ15コースが受け放題の特別プランも用意があります。

オンライン受講になりますが、パーソナルメンターのマンツーマンメンタリングやチャットサポート、回数無制限で課題に対するメンターからのレビューを受けられるなどサポート体制は万全です。

また、ぐるなびやDMM.COMなどの有名企業をはじめとする600社、約30,000名を超える教育実績があり、信頼できるスクールです。

全コース対象の転職サポートを行っており、卒業後の進路についても相談できます

基本情報

スクール名:Tech Academy

受講期間: 4週間~

入塾金: —

受講料: 139,000円~

公式HP:https://techacademy.jp/

まとめ

世界中から熱視線を集めているブロックチェーン

IT業界がさらなる発展を遂げるのに合わせて、さまざまなシステムがブロックチェーンへと移行することが予想されます。

人材不足が懸念される中、早めのスタートダッシュを切ってIT業界で欠かせない人材になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら
DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら