フロントエンドをマスター!未経験からでも大丈夫なプログラミングスクールを紹介!

出典元:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89-%E9%96%8B%E7%99%BA-web-4342425/

「フロントエンド」という言葉をご存じですか?

Web関連のお仕事をされている方であれば、一度は聞いたことのある言葉かもしれません。

知らない方にざっと説明をすると、皆さんが普段ご覧になるWebサイトの表面を作成する技術のことです。

フロントエンドを扱いWebサイト制作をするエンジニアをフロントエンドエンジニアと言います。

このフロントエンドエンジニア、Webの操作性や色彩などを担う職種なので、反響が耳に届きやすくやりがいのある仕事なのです。

今回の記事では、フロントエンドに興味をお持ちの方のために、フロントエンドエンジニアの業務内容や年収、必要なスキル、フロントエンドを習得できるプログラミングスクールを紹介しています。

フロントエンドエンジニアの業務内容

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2557468/

簡単に言うと「Webデザイナーが作ったデザインを、実際にWeb上に表現する」お仕事です。

JavaScriptやHTML、CSSを使用してWEBサイトのデザインを総合的に構築していくことになるので、これらの言語知識が必須になります。

また、企業によってはデザインの一部を任せられることもあるし、バックエンドエンジニアの業務を担うことも

業務内容が曖昧な会社もありますので、思っていた業務内容と違ったと感じることがあるかもしれません

できれば先に業務内容の確認をしていた方が良いでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-2724241/

現状、年収が高いとは言い難いかもしれませんが、将来性に期待が持てる職業です。

なぜならIT業界の人手不足が加速するにつれてフロントエンジニアの需要も伸びるからです。

IT業界全体に言えることではありますが、需要が高まるにつれて平均的に年収も上がっていくことが予想されています

また、実績を積みしっかりとしたスキルを身に付ければ、フリーランスとして活躍することも可能です。

大きな案件であれば1件100万円という高単価で仕事を受注することもざらにあります。

フリーランスで軌道に乗れば、年収1000万円も夢ではない職業なのです。

フロントエンドエンジニアが身に付けておきたいスキル

出典元:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E6%A9%9F%E8%83%BD-2488093/

フロントエンドエンジニアが身に付けておきたいプログラミング言語は、主に以下になります。

簡単に特徴を記載しておきますね。

・HTML

⇒サイトの見た目を作り印象を左右する

・CSS

⇒サイトの見た目を作り印象を左右する

・PHP

⇒Web開発に特化したプログラミング言語

・JavaScript・jQuery

⇒サイトに動作をプラスする

中でもマークアップ言語であるHTMLとCSSはフロントエンドエンジニアには必須のスキルです。

最低限、この二つをマスターしておきましょう。

また、近年ではWordPressを使用することも増えています

絶対ではありませんが、ざっくりと操作方法などを知っているだけでも仕事の進捗が変わってきますよ。

・PhotoShop/Dreamweaver

⇒プラスαスキル

デザイナーとイメージのすり合わせをする際に役立つデザインの知識もあると重宝されます。

デザイナーはエンドユーザー(消費者)の購買意欲を掻き立てるような配置、色彩を考えて、デザインをあげてきます

あがってきたデザインを見て、こうした方が良いというエンジニア側の意見も時には出てくるでしょう。

コードによってはデザインを変更しなければいけなくなるので、デザイナーとのすり合わせが必要になってきます。

必要最低限でもデザインの知識があると、デザイナー側にも分かりやすく提案ができる上に、意図を把握してくれているという信頼感も生まれ、また仕事をしたいと思ってもらいやすくなりますよ。

おすすめスクール4選

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-336634/

フロントエンドエンジニアになりたいのであれば、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

独学の方が初期費用を抑えられるのですが、一人で問題解決をする根気強さと熱意が必要になってきます。

プログラミング学習の独学挫折率は9割と言われているくらい独学は難しく、おすすめできません

結果、プログラミングスクールに通いなおすなど、時間を無駄にしかねません。

初期費用は独学より高めですが、短期集中で即戦力となるスキルが身に付くプログラミングスクールに通い、最短距離でスキル習得を目指しましょう!

1.侍エンジニア

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BA%BA-849805/

日本で初めてマンツーマンレッスンを取り入れたオンラインのプログラミングスクールです。

現在はマンツーマン指導も珍しくありませんが、侍エンジニアでは入学から卒業まで、あなたに専属の講師がつき、マンツーマンレッスンを行います。

最初から最後まで同じ講師に教えてもらえるので、学習内容も一貫

また、徐々に信頼関係もできてくるので、質問や相談もしやすい環境です。

目的に合わせたカリキュラムを作成し、受講生一人一人のペースで無駄なく学習を進めることができます

人によっては最短1ヶ月で、プログラミングをマスター可能。

オリジナルのWebサービス開発がカリキュラムに含まれており、ポートフォリオとして就職・転職活動に使えます

他の就活生に少しでも差をつけたい方に、おすすめのプログラミングスクールです。

基本情報

スクール名:侍エンジニア

授業形式:オンライン

習得期間:1ヶ月~

入学金:29,800円

受講料:社会人168,000円~、学生151,200円~

公式HP:https://www.sejuku.net/

2.Tech Academy

出典元:https://techacademy.jp/frontend-bootcamp

600社、30,000名を超える教育実績があり信頼できるプログラミングスクールです。

最大の特徴はセットコースがあること。

フロントエンド単体コースにプラスでWebアプリケーションやPHP/Laravelを学べるセットコースがあります。

フロントエンド単体コースでもデザイン要素を学べたり、バックエンド側の技術を学べたりと充分すぎる内容になっていますが、余裕のある方はぜひ2セット、3セットコースを受講してみてください。

複数のスキルを身に付けることによって自身の希少性をあげることができますよ。

講師(メンター)は現役のフロントエンドエンジニア

経験豊富な講師陣があなたの夢をバックアップしてくれます。

カリキュラム修了後には、実力を試せるコンテストに参加できます。

審査員は名だたる業界人ばかり。

受賞すれば就活・転職でも大きなアドバンテージとなりますので、ぜひ参加してみてください。

基本情報

スクール名:Tech Academy

授業形式:オンライン

習得期間:4週間~

入学金:—

受講料:社会人139,000円~、学生109,000円~

公式HP:https://techacademy.jp/frontend-bootcamp

3.ヒューマンアカデミー

出典元:https://haa.athuman.com/academy/programming/?code=041039

全国に専門学校を多くもつ、教育総合校ヒューマンアカデミーが展開するオンラインのプログラミングスクールです。

フロントエンドエンジニアを目指す人はJavaScriptプログラミングAdvanceコースを選択することになります。

こちらのコースではWEBサイト制作の基本からHTML/cssやjQueryなど幅広く対応

フロントエンジニア必須のスキルを網羅しています。

また、セットコースにプラスで学びたいスキルがあれば月々3,000円~、単科のコースも選択できます。

すでに何かしらの技術を習得していて、追加でこれだけ学びたいという人にもおすすめですよ。

学習教材は映像を使用しており、期間内であれば何度でも繰り返し受講可能

分からないことがあれば専用のオンライン学習プラットフォームを使用して講師に質問や相談をすることができます。

専任のジョブカウンセラーが相談に乗ってくれるので、就職・転職も安心のプログラミングスクールです。

基本情報

スクール名:ヒューマンアカデミー

授業形式:オンライン

習得期間:3か月~

入学金:—

受講料:セットコース7,900円~/月、単科3,000円~/月

公式HP:https://haa.athuman.com/academy/programming/?code=041039

4.KENスクール

出典元:https://www.kenschool.jp/course.php

未経験をプロに育てる、業界30年の老舗プログラミングスクールです。

授業はマンツーマンの対面式

個別指導な上に受講回数無制限なので、分からないところを理解するまで受講でき、スキルを身に付けることができます。

フロントエンドエンジニアを目指す方におすすめなのがJavaScriptコーディング講座

JavaScriptプログラムの基礎からCSSを利用した動的なWebサイト作成方法を学習していきます。

その他、Webプログラミングコースには豊富なコースが用意されており、また、講座受講料が他社より安めに設定されているので、複数選択することも良いでしょう。

受講生はグループ会社の人材エージェントを無料で利用できます。

未経験でプログラミングを学びたいけど就職先が心配という方におすすめのプログラミングスクールです。

基本情報

スクール名:KENスクール

授業形式:対面式

習得期間:3か月~

入学金:30,000円

受講料:62,000円

公式HP:https://www.kenschool.jp/

まとめ

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E5%85%A5%E5%8A%9B-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-731198/

4校プログラミングスクールを紹介してきましたが、大切なのは気になったスクールの無料体験を受けることです。

スクールによっては1週間無料というところもあり、事前に無料体験を受けた方が入塾してから失敗だったと思うこともありません

まずはご自身のライフスタイルに合わせてオンラインなのか、対面式なのか

学習速度を考えてマンツーマンなのか、グループレッスンなのか

料金やカリキュラム内容を総合的に考えてみてくださいね。

そして、気になったスクールの無料体験を受けた上で、ここだ!と思うところに入塾。

技術を身に付けて、フロントエンドエンジニアとしての第一歩を踏み出しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら
DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら