JavaScriptが学べるおすすめのプログラミングスクールとは?

皆さんはJavaScriptというプログラミングスクールを聞いたことがあるでしょうか。

プログラミングを勉強していたり、しようかなと興味を持ち始めている人も、必ずといっていいほど聞いたことのある言語だと思います。

JavaScriptとは、開発当初はWebページの装飾用に作られたものでしたが、今やWebサイト・アプリ・サービスの開発に使われることがメインであるものの、他にもデスクトップアプリやスマホアプリ、ゲーム、IoTや人工知能開発など、様々な用途のある言語で、今後もさらに利用が広がっていくと思われる、定番のプログラミング言語です。
Web業界では全世界で利用されており、人気ナンバーワンといっても過言ではないでしょう。

ちなみに、こちらもよく聞く、Javaというプログラミング言語ですが、名前が似ているだけで全く別の言語ですのでご注意を…。

そして、JavaScriptエンジニアの需要はもちろん高く、Webページなどの目に見える部分を制作していく「フロントエンドエンジニア」にとっては、必須の知識であるといえます。

今回はそんな、Web業界人気ナンバーワンのJavaScriptが学べるプログラミングスクールを、具体例を交えて紹介していこうと思います。

オンラインや通学形式など形式はさまざまで、スクールによってチャットサポートや転職保証、料金割引の違いなど特徴が異なるので、JavaScriptを学んでみたい方、プログラミングに興味がある方、JavaScriptの技術を身につけてWeb業界で活躍したい方、今いる会社でJavaScriptを学ぶ必要が出てきた方などはぜひ自分に合ったスクールを見つける参考にしてみてください。

プログラミング言語「JavaScript」とは?

上でも述べたように、JavaScriptを使えば、基本的に何でもできます。
WebサイトやWebアプリケーションの制作、Web上でのサービス、の開発がメインではありますが、実際には、デスクトップアプリやスマホアプリ、ゲーム、IoTや人工知能開発など、あらゆる業界での利用が可能となっています。

そんなJavaScriptはどのような特徴を持っているのか、大きく3つに分けて説明したいと思います。

JavaScriptの特徴①:開発環境が安易

1つ目は、開発環境が安易であることが挙げられます。

具体的には、JavaScriptは「InternetExproler」や「GoogleChrome」といったブラウザと、メモ帳などのテキストエディタさえあれば、実際に作動させることが可能です。
これはプログラミング言語としてはなかなか珍しく、Java、Ruby、C#、C言語、Pythonのような他のプログラミング言語の場合、パソコン上で動作させるためのコンパイラやVisual Studio、Eclipseのような開発環境を準備する必要となります。

初心者からすると、挫折の原因になったり、多くの時間をとられてしまったり…なんてことになりかねませんよね。

JavaScriptの特徴②:高い柔軟性

2つ目は、パソコンや、スマートフォンなど媒体に左右されず、ほぼすべてのブラウザで動く柔軟性です。

JavaScriptは現在、パソコン・スマートフォン関係なく、ほぼ全てのブラウザで作動します
このことは、簡単なようで難しく、すべてのブラウザで動く言語は逆にJavaScriptだけといっても過言ではありません。

現代の情報化社会で、さまざまなサービスやアプリケーションがひしめく状況下において非常にメリットのあることなのです。

この特徴が、JavaScriptのプログラミング界隈の人気を支えているといえると思います。

JavaScriptの特徴③:フレームワークの豊富さ

3つ目は、フロントエンド、サーバーエンド両方の開発を可能にする、フレームワークの豊富さがあげられます。

フレームワークとは、各言語に用意されているアプリケーションの骨組みのようなものです。
フレームワークを使うことで、定番の骨組みをいちいち最初から作る必要がなく、大幅に制作時間を短縮してオリジナルのプログラムを作ることができます。

そして、この豊富なフレームワークのおかげで、Webブラウザで直接目に見える部分であるフロントエンドと、目に見えないが運営に大きくかかわっているサーバー側まで、どちらのプログラムも開発することができます。

よってJavaScript1つ覚えればフロントもサーバーも開発できる幅広いエンジニアになることができるのです。

そして最後に上で述べた特徴を持つJavaScriptで、具体的にこれまでどのようなプログラムが制作されてきたのかというと、代表的なものでいえば、最近世間に広く普及してきてたくさんの人が利用しているフリーマーケットサービスの「メルカリ」や、簡単にニュースが読めて、さまざまなサービスも提供している「グノシー」、クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」などがあります。

もちろんこれだけではなく、JavaScriptは、私たちの生活に深くかかわり、欠かすことのできないプログラミング言語であるということがわかります。

プログラミングのエンジニアになろうと思ったら、JavaScriptは要チェックの言語となるでしょう。

それでは、以下でJavaScriptを学ぶことのできるおすすめプログラミングスクールを紹介していこうと思います。

侍エンジニア塾

出典:プログラミング学習をするなら侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はオンラインで最初から最後まで同じ講師が完全個別型で担当してくれるマンツーマンサポートが特徴で、もちろんJavaScriptを学ぶことができるプログラミングスクールです。

侍エンジニア塾にはJavaScript専門のコースがあるというわけではなく、受講生の理想のキャリアを目指すためのカリキュラムを、担当の講師が受講生と相談しながら決めていきます。
そのため、なんとなくJavaScriptに興味がある方や、JavaScriptで何ができるようになりたいかが決まっている人、スキルアップや転職を考えている方も、講師との相談でどのように学習を進めていくのかといったイメージを鮮明にすることができます。

最終的には、JavaScriptを用いてオリジナルのWebプログラムを設計するカリキュラムがあり、この実践的な学習により、JavaScriptエンジニアとして格段に実力がアップします。
また、エンジニアとしての確かな実績になり、転職、就職の際の企業側への実力の証明となります。

やはり、JavaScriptを含め、プログラミングにはどうしてもエラーがつきもので、そのエラーの修正に時間をとられてなかなか学習が進まないといったことはよくあります。
そのようにつまづいたときに相談できる担当講師が最初から最後まで変わらないということは、スムーズに学習を進められる大きなメリットだと思います。

無料体験レッスンも実施されているようなので、学習プランの具体例や、エンジニアになるまでの流れ、受講から卒業までのスケジュールなどを確認したい方は、参加してみてはいかがでしょうか?

コースは

  • エンジニアとしてデビューを目指すデビューコース:168,000円/月
  • フリーランスでの活躍を目指すフリーランスコース(3ヶ月間):138,700円/月
  • 高単価の案件を獲得できるエンジニアを目指すビジネスコース(6ヶ月間):104,700円

などがありますので、自分に合ったコースを見つけてみてください。

KENスクール

出典:資格と就職に強い【KENスクール】

KENスクールは、IT業界未経験者の就転職支援が充実しており、プログラミングのみならず、IT、パソコン関係のスキルを幅広く取り扱っている伝統と実績のスクールです。

 

KENスクールにはJavaScriptを習得可能な講座がたくさんあり、例えば、JavaScriptの単科講座からWebサイトやアプリケーションの制作を目指すセットコースまでニーズに合わせた様々なコースが存在します。

特にJavaScriptの単科コースではJavaScriptを基礎から学習し、Webサイトや、アプリケーション、開発環境の構築するノウハウを身につける所まで、習得できるカリキュラムとなっていて、基礎から学習を行うので、プログラム未経験者でも安心して受講できそうです。

講座が豊富にあり、何がいいのかわからないというような方は、無料カウンセリングで親身になって相談に乗ってくれますし、無料体験授業もあるので、参加して不安を解消してみるといいと思います。

また、授業形態もマンツーマンの個別指導型になっており、個人の進行度に合わせた授業を行ってもらえます。

KENスクールには30年という長い実績があり、カリキュラムが就職やフリーランスで活躍するための実践的な能力が重視されているため、課題や授業では実務を意識したカリキュラムが用意されています。

校舎にはいつでも入ることができ、開発現場に合わせた最新のネットワーク機器やアプリケーションが整っていて無料パソコンを借りることもできます。
このように環境が整っているため、手ぶらでスクールに来ても勉強ができる手軽さがあり、いすや机にも工夫が施され、集中できそうですね。

そして校舎は、札幌・新宿・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田の7校(福岡は法人向け)あり、自由に選んで通学できます。
平日夜間のみや土日も併用など、好きなタイミングで学習ができるため、学生や働きながら通う社会人などでも通いやすいスクールとなっています。

加えて、就職支援も充実していて、卒業しても仕事が決まるまでずっと紹介を受け続けられるので、就職率は83%と高い数字を出しており、転職を考えている人も安心して受講できますね。

マンツーマンの個別指導を求める方や、通学形式かつ色々な場所で学習できる選択肢の欲しい方、たくさんの卒業生を輩出している実績と歴史を重視する方などはチェックしてみてください。

Code Camp

出典:CodeCamp(コードキャンプ)

Code Campはオンライン形式でありながら、マンツーマン形式の授業が受けられるという画期的な形態をとることができるプログラミングスクールです。

 

CodeCampには、Webマスター講座というコースがあり、Webサイト構築に必要となるWebサイトやアプリケーションのユーザーの動きに合わせたページをJavaScriptでプログラムするカリキュラムが含まれています。
まずは変数や演算子、データ型などプログラミングの基礎から始まり、基本的なプログラミング技術を網羅的に学習した後、最終課題ではそれまでの知識の集大成としてルーレットを作成するというカリキュラムです。

講師には現役の確かなスキルを持ったエンジニアが厳選されており、そのような質のいい講師陣が受講者の融通に合わせて、毎日7時〜23時40分の間の好きな時間に1コマ40分の授業を受けることができます。
オンラインでないと時間をとるのが難しい方でもマンツーマン授業が受けられるのはとても魅力的だと思います。

JavaScriptだけでなく、Webサイト制作に必要となる知識を体系的に学べるので、卒業後には幅広い分野での活躍が期待できます。

プログラミング未経験から自作のWEBサイトを公開したい方や、Webサイトの開発技術を学んでスキルの幅を広げたい方、自社のサイトを改善して売上げアップを目指す方、そして、エンジニアとしてプログラミング技術を基礎から学び、転職を目指す方など幅広いニーズにこたえられるスクールになっていると思います。

リナックスアカデミー

 

出典:ITエンジニアスクールNo.1のリナックスアカデミー

リナックスアカデミーは初心者からでも最短4週間でITエンジニアを目指せるIT教育専門機関として、さまざまな認定を受けているプログラミングスクールです。

リナックスアカデミーには「プログラミング入門コース」という初心者向けのコースから、Webサイトやアプリケーションを構築することを目指す応用コースなどで、JavaScriptを扱った学習を行うことができます。

授業は動画教材などにはなく、100%ライブの講師が「クラス担任制」で基礎から丁寧に指導していく形態で、同じ講師が一貫して指導していくことで、初心者でも安心してスキルを身につけていくことができます。

そして、スキル習得の証明として、企業ニーズや評価の高い、LinuC(Linux技術者認定試験)、CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)、OCJ-P(Oracle認定Javaプログラマー)、OSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定試験)、文部科学省後援Webデザイナー検定エキスパートなど、就転職やキャリアアップに直結する資格取得を目指すカリキュラムもコースに取り入れられています。

また、万が一不合格だった場合でも、再度受講料無料で授業のリトライができる「合格保証制度」があるので、初心者も安心して受講できます。

さまざまな転職、就職サポートも充実しており、企業とのつながりも非常に強いスクールです。
資格が欲しいけど、どんな資格を取ったらいいかわからない方、エンジニアとして就職、転職を目指す方、動画教材でなく講師に実際に授業をしてほしいという方などはぴったりのスクールだと思います。

Tech Academy

出典:TechAcademy[テックアカデミー]

Tech Academyはオンラインで場所を選ばず、疑問にすぐ答えてくれるチャットサポートが充実していることが特徴のプログラミングスクールです。

Tech AcademyのWebアプリケーション、フロントエンドセットは、JavaScriptをはじめ、Webサイトやアプリケーションの開発、さまざまな表現を実現する実践的な技術を学ぶことができるコースになっています。
このコースで身につくスキルは、アニメーション演出を含んだダイナミックなWebサイトやチャット機能を含んだサービス、全く新しいオリジナルサービスやWebサイトを制作する技術などで、このカリキュラムを進めるうえで、疑問点やエラーの解決などを毎日15時〜23時に待機しているスタッフがサポートしてくれます。

ただ、このコースは少し専門的で、すでにプログラミング経験のある方や知識を持っている方に向けたものなので、初心者の方や基本的な部分から学びたいという方は、ほかにもさまざまなコースがあるので、初歩的なコースを探してみてください。

そして、講座を受講していく中で、週2回のマンツーマンメンタリングで学習の進捗の相談や、回数無制限の課題レビューサポートなど、確実に理想の自分に近づくことができるサポートがそろっています。
そのほかに、コースや料金割引、友達など複数人での同時入塾による割引など様々な情報がホームページで確認できるようになっています。

Webアプリケーションの開発を一貫して学びたい方やスキルを向上したいフロントエンドエンジニアの方、Webサイトの演出を学びたいエンジニアの方、自由な働き方を選びたい方など、今の自分にプラスアルファのコンテンツを作り出したいというモチベーションを持っているのなら、気軽にチェックしてみてください。

Code Village

出典:Code Village 池袋校

Code Villageは、東京と大阪に校舎を持つ、さまざまな課題や小テスト、強制自習などで確実に受講生をスキルアップさせる少しスパルタなプログラミングスクールです。

Code Villageには、JavaScriptをメインとした、ホームページに関するフロント、バックエンドの網羅的な知識を4か月で学習する洗練されたカリキュラムが用意されています。
学習の流れは、マークアップ言語の理解→JavaScriptの基礎→JavaScriptの応用→ReactによるSPA開発→チーム開発という形で、全18回のレッスンになっています。

さまざまな受講生のライフスタイルに合わせた自由なスケジュールを組むことが可能で、オンライン質問対応や復習のためのコンテンツや交流会、イベントなどたくさんのサポートが充実しています。

そして、入学前には、事前課題(HTML/CSSの基礎知識を体得)が与えられ、本番講義に入る前にHTML/CSSの実装テストに合格する必要があり、入学してからの講義でも、毎回小テストがあったり、授業以外にも最低1日3時間の自習が必須であるなど、しっかりとスキルを身に着けるための過程を管理してくれます。
少し厳しいと感じる方もいるかもしれませんが、新しいことを体得するためにはそれ相応の努力が必要で、このスクールなら確実にスキルを身に着けることができると思います。

無料カウンセリングや無料体験レッスンを受けることができるので、気になる方は事前予約をしてみてはいかがでしょうか。

DIVE INTO CODE

出典:DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは授業→自習という流れが半ば強制的に組まれていて、確実にスキルを定着させ、現場での自分で作業する力をしっかりと着けられるプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODEでJavaScriptを学べるコースは複数ありますが、JavaScriptをはじめ、HTML/CSS、JS、Ruby、SQLなどが学べる「Webエンジニアコースベーシックプログラム」が用意されています。
こちらは、IT起業への転職やフリーランスとして活動していくことを目指す方におすすめのコースです。

  • Webエンジニアコース-新規事業創造プログラム(パートタイム)
  • Webエンジニアコース-就職達成プログラム(パートタイム)

オンラインでの受講が可能ですが、通学とスケジュールが異なってきます。

こちらのスクールも、受講するためには事前に入学試験を受け、合格する必要があり、卒業認定を受けるためにも課題試験を突破する必要があるなど、スキルの定着に本気のスクールです。

また、通学形式の授業では、問題を解決する力と仲間との共同作業を大切にしており、エラーなどの課題に対して一人で、どのような観点で立ち向かうかの練習を積んで、さらに仲間や共同開発者とどのように切磋琢磨すればよいかなど、実際の開発を行いながら経験として積むことができます。

それでいて、カリキュラムの中に自習の時間もあり、現場に出たときも役立つ、自分で考えてエラーや問題解決に立ち向かう力が付きます。

転職成功実績も豊富で、転職できるならどこでも良いといったスタンスではなく、受講生がどのような環境で、誰と仕事をしていきたいのかなどをしっかりと相談するなど、受講生の気持ちを大切にして親身にサポートをしてくれます。

受講生の卒業後の活躍をしっかりと考えてサポートしてくれるイメージなので、今の環境に不満があり、新たに境遇の良い自分に合った環境を見つけて、転職を目指す方などはチェックしてみてください。

.Pro

出典:.Pro-WEBデザインスクール

.Proは、東京の少人数制の集団授業が受けられて、仲間と切磋琢磨してスキルアップを目指すことができるプログラミングスクールです。

.Proのフロントエンドコースは、WEB業界への転職・就職やフリーランスを目指すコースで、デザインスキルやコーディングスキルを幅広く身に付け、自在にWEBサイトやサービスをデザイン・構築できるようになることを目指します。
受講生から希望があれば、WordPress講座やWEBマーケティング講座などをカリキュラムに組み込むこともでき、JavaScriptのスキルを身に着けたうえで、そのスキルを最大限に生かす知識を身に着けることもできます。

少人数制で、常に講師が近くにいてくれるので、すぐに質問ができ、ストレスフリーな環境で学習が進められます。

また、講師陣がこなしてきた実案件の教訓やスキルの活かし方、働き方などの共有企業の役員を招いた特別講義なども定期開催されます。
そういった講義でWEB・IT業界の動向や企業紹介、今求められる人材などを知ることができ、「スキルを身に付けた後どうしていくか」まで具体化する仕組みが備わっています。

少人数制で、モチベーションを維持したい方や自分がスキルを身に着けた後どのように活動していきたいかなどを明確にしたい方などにぴったりのスクールだと思うので、気になる方はチェックしてみてください。

TECH::CAMP

出典:テックキャンプ-人生を変えるプログラミングスクール

TECH::CAMPは、教室の通学とオンラインの併用ができる、入会金さえ払えばあとは月額制でレッスン受け放題が特徴の転職に強いプログラミングスクールです。

TECH::CAMPのJavaScriptを学べるコースは、

TECH::CAMPコース:入会費148,000円+月額14,800円

となっており、月額料金を払えば、教室にも通いたい放題なので、短期間で一気にスキルを習得して、受講料を抑えることも可能です。

また、転職を目指すコースは、転職を目指す方にとっては、転職が保証されていて、成功しなかった場合全額返金されるので安心ですね。

JavaScriptを用いてアウトプット重視の充実したカリキュラムが用意されていて、ライフコーチという専属のトレーナーが日々の学習スケジュールのアドバイスや不安の解消を行ってくれて、挫折する心配もなさそうです。

  • スキルを身に着けて手に職着けたい
  • 時間や場所にとらわれず自由に働きたい
  • プログラミングスキルを今の仕事に生かしたい

などかなり細かなニーズにしっかりこたえられるだけのどっしりとしたカリキュラムの安心感があり、さまざまなサポートで、卒業生の満足度も高いようです。

無料説明会や体験会があるので、初心者の方や、どのようなスクールなのかイメージをつかみたい方は参加してみてください。

TECH::CAMPの無料説明会・体験会はコチラから!

まとめ

JavaScriptは、IT業界でとても幅広い分野を網羅するとても人気の高い言語です。

その中でも、JavaScriptが強い分野は、Web業界です。
ですから、JavaScriptを学びたいと思う方は、Web関係のスキルを伸ばすことを主にするスクールを選ぶことが、一つ基準になってくると思います。

JavaScriptは幅広い分野を抑えていることもあり、初心者のプログラミングの導入に用いられることも多いので、
「自分が学びたかったJavaScriptの授業のイメージと違う…」
といった失敗をしないよう、しっかりとスクールを見極めて選んでみてください。

無料体験を実施しているスクールはたくさんありますし、なるべく受講生の不安や初心者への対応がしっかりしているスクールを選ぶことをおすすめします。

そして、あくまで自分に合っていることも大切で、上で紹介したように気軽に学習が始められるプログラミングスクールもあれば、就職やフリーランスでの活躍を保証してくれるような心強いスクールもあります。

JavaScriptで人生を変えたい、なんとなく興味がある、どんな動機を持った方にでも道は開けています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら
DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら