Swiftを習得!Swiftが学べるおすすめのプログラミングスクール

皆さんこんにちは!

皆さんはswfitというプログラミング言語を聞いたことがあるでしょうか?

swfitはApple社が2014年に発表した新しいプログラミング言語で、iPhoneやMacなどのApple製品のアプリをはじめ、Webアプリケーションまで開発することができる今最もアツい言語といえるでしょう。

新しい言語だから、需要が少なく、仕事が得られないのではないかと不安に思う人がいるかもしれませんが、最近の企業は積極的にswfitを取り入れる傾向にあります

その理由として、swfitはこれまでの言語をより今風に改善がされていて、速くかけて、書きやすく、分かりやすい言語となっているからです。

現在はswfitが使えるエンジニアも少なく、仕事に対する単価も高くなっているので、ねらい目の言語だといえます。

今回はそんな、今トレンドのswfitが学べるプログラミングスクールを、具体例を交えて紹介していこうと思います。

オンラインや通学形式など形式はさまざまで、スクールによって転職保障や料金の違いなど特徴が異なるので、swfitを学んでみたい方、swfitに興味がある方、アプリを開発してみたい方などはぜひ自分に合ったスクールを見つける参考にしてみてください。

プログラミング言語swfitとは?

まずは、swfitというプログラミング言語の特徴を紹介します。

swfitとは、Apple社が2014年に発表した新しいプログラミング言語で、iPhoneやMacなどのApple製品のアプリをはじめ、Webアプリケーションまで開発することができます。

さらに2015年には、全世界にswfitのコードが公開され、全世界のエンジニアによってさらなる進化が見込まれる今トレンドの言語といえます。

また、swfitの細かな特徴として、現代性があげられます。

これは従来のプログラミング言語の良い部分を取り入れ、分かりにくかったり、冗長になってしまう部分を改善し、分かりやすく簡潔なコードを書くことができるようになっています。したがってこの特徴から、従来のプログラミング言語を使っていたエンジニアも共通している部分が多いのでなれるのが簡単で、iPhoneアプリの開発だけでなくWebアプリケーションの開発も可能なので様々な場面で利用されることが見込まれます。

次に、安定性があります。

これは少し専門的な話になりますが、簡単に言えばなんだかわからないエラーが起こりにくくなるということです。少し詳しく言うと、これまでのObjective-C言語などでは数字の「1」と文字としての「1」を書く側がしっかりと区別してその指定を行わなければエラーが起こっていましたが、swfitは自動でその区別をしてくれて、プログラムが冗長になるのを防いでくれますし、エラーも起こりにくくなります。あくまでこれは一例で、ほかにもさまざまな判断を自動で行ってくれるので、安定性があるといえます。

最後に、リアルタイム性です。

この特徴はこれまでのプログラミング言語からしては画期的で、これまではプログラムを一通り書いて完成させてから、実行して、エラーが起こっていないか確認するという形が主になりますが、swfitではプログラムを書いている時点までをパソコンが勝手に実行して、どのように変化していくかをリアルタイムで見ることができます。これによってミスがあればすぐに気づくことができますし、作業時間を大幅に削減することができます。

このようにエンジニアからしてはうれしい特徴がいっぱいなので企業や様々な市場で取り入れられている傾向にあり、これから需要が増えていくとみられている言語でもあります。

ではここから、具体的なプログラミングスクールを紹介していこうと思います。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はオンラインで最初から最後まで同じ講師が完全個別型で担当してくれるマンツーマンサポートが特徴で、もちろんswfitを学ぶことができるプログラミングスクールです。

参照:https://www.sejuku.net/

このプログラミングスクールでは、受講生の理想のキャリアを目指すためのカリキュラムを、担当の講師が受講生と相談しながら決めていくので、なんとなくswfitに興味があるというような方や、しっかりとswfitを学んで、何ができるようになりたいかが決まっている人も講師との相談によって、どのように学習を進めていくのかといったイメージを鮮明にすることができると思います。

最終的には、swfitを用いてオリジナルのアプリやプログラムを開発するカリキュラムがあり、この実践的な学習により、swfitエンジニアとして格段に実力がアップすることに加え、エンジニアとしての確かな実績になり、転職、就職の際の企業側への実力の証明となります。

やはり、swfitをはじめ、プログラミングにはどうしてもエラーがつきもので、なかなか学習が進まないといったことはよくありますが、そのようにつまづいたときに相談できる担当講師がいるということは、スムーズに学習を進められる大きなメリットだと思います。

無料体験レッスンも実施されているようなので、学習プランの具体例や、エンジニアになるまでの流れなどを確認したい方は、参加してみてはいかがでしょうか?

参考:https://www.sejuku.net/

Tech Academy

Tech Academyはオンラインで場所を選ばず、疑問にすぐ答えてくれるチャットサポートが充実していることが特徴のプログラミングスクールです。

スクリーンショット 2017-06-05 21.46.39

参照:https://techacademy.jp/iphone-bootcamp

Tech AcademyのiPhoneアプリコースでは、もちろんswfitをはじめXcode、Git/GitHub、Firebaseなどの言語を効率的で無駄のないカリキュラムによって、短期間で学ぶことができます。

カリキュラムの流れは、アプリ開発の流れの理解→Xcodeの使い方とswfitの理解→UIKitの理解とStoryboardでUIKitのパーツの配置→開発における問題解決のアプローチ→2Dゲーム向けフレームワークSpriteKitの理解→オリジナルアプリの開発スキルの習得という形になっており、このカリキュラムを進めるうえで、疑問点やエラーの解決などを毎日15時〜23時に待機しているスタッフがサポートしてくれます。

そのほかにも、週2回のマンツーマンメンタリングで学習の進捗の相談や、回数無制限の課題レビューサポートなど、確実に理想の自分に近づくことができるサポートがそろっています。

そのほかに、コースや料金割引、友達など複数人での同時入塾による割引など様々な情報がホームページで確認できるので、iOSエンジニアとして活躍したい社会人の方や、スキルを身につけ周りに差をつけたい学生の方、時間と場所にとらわれない働き方をしたい方、iPhoneアプリを開発して起業したい方など今の自分に一味加えたいという方は、チェックしてみてください。

参考:https://techacademy.jp/iphone-bootcamp

Code Camp

Code Campはオンライン形式でありながら、マンツーマン形式の授業が受けられるという画期的な形態をとることができるプログラミングスクールです。

code camp

参照:https://codecamp.jp/top?utm_expid=.wsyFLiyVRC2Y2weS5s0kLA.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.sejuku.net%2Fblog%2F24463

Code Campのアプリマスターコースはプログラミング未経験からでも、スマートフォンアプリの開発が学べるコースとなっており、Javaでプログラミングの基礎知識を得て、Androidアプリや、swfitを用いたiPhone、iPad、Mac上で動作するアプリケーションの開発を目指します。

講師には現役の確かなスキルを持ったエンジニアが厳選されており、そのような質のいい講師陣が受講者の融通に合わせて、毎日7時〜23時40分の間の好きな時間に1コマ40分の授業を受けることができます。

オンラインでないと時間をとるのが難しい方でもマンツーマン授業が受けられるのはとても魅力的だと思います。

基本のJavaからswfitなどのアプリ開発に特化した言語を学んでいくので、ほかの言語への理解も深まり、確かな実力を持ったエンジニアになることが可能だと思います。

プログラミング未経験から自作のアプリを公開したい方や、iOS/Android両方のアプリ開発を学んでスキルの幅を広げたい方、自社のサイトをアプリ展開して売上げアップを目指す方など幅広いニーズにこたえられるスクールになっていると思います。

参考:https://codecamp.jp/courses/master_app

RainbowApps

RainbowAppsはとにかくスマートフォンアプリ開発に特化した学習が行えて、転職、就職支援までサポートしてもらえるアプリエンジニアのためのプログラミングスクールです。

スクリーンショット 2017-06-05 21.51.18

参照:https://www.school.rainbowapps.com/

swfitを学んで、iPhoneアプリを開発するコースは、入門、初級、中級、上級と、4つに分かれており、すべてを受講することで、プログラミング初心者の方であっても確実にiOSアプリ開発に必要な基礎知識を身につけることができます。

また、少し専門的になりますが、swift3という最新のアップデートが行われたバージョンを基にテキストが組まれているという点も、アプリ開発系のプログラミングに特化しているといわれるゆえんであるといえます。

このプログラミングスクールの一番の特徴は、受講生の開発したオリジナルアプリがアプリのストアーへ公開を実現するまで必ずサポートを受け続けることができる点です。

また、卒業生達はこれまでに数え切れない程のアプリをリリースしており、有料・無料の総合&カテゴリランキングともにたくさんのアプリがTOP10入りし、収益化を実現しています。

このように実際の市場にエンジニアとして参入する経験が得られることはとてもメリットのあることで、就職・転職にも役立ち、多くの就活生・社会人が企業から内定を獲得しています。

料金も他の大手プログラミングスクールに比べて安価で、確実なスキルを身に着けることができるため、とにかくswfitをはじめとしたアプリ開発のための学習がしたいという方や、オリジナルアプリを開発してストアーへリリースしたい方、アプリエンジニアとして活躍したい方、未来のソフトウェアエンジニアを目指す方などは、無料体験もあるので、チェックしてみてください。

参考:https://www.school.rainbowapps.com/

KENスクール

KENスクールは、IT業界未経験者の就転職支援が充実しており、プログラミングのみならず、IT、パソコン関係のスキルを幅広く取り扱っている伝統と実績のスクールです。

参照:https://www.kenschool.jp/

KENスクールでは、iPhone & Androidアプリ開発コースとiPhoneアプリ開発講座というコースでswfitを学ぶことができます。

swfitを基礎から学習し、アプリケーション構築のノウハウを身につける所まで、習得できるカリキュラムとなっていて、基礎から学習を行うので、プログラム未経験者でも安心して受講できそうです。

また授業形態もマンツーマンの個別指導型で、一人一人の理解力に合ったレベルで授業が受けられます。

KENスクールには30年という長い実績があり、カリキュラムが就職やフリーランスで活躍するための実力が意識されているため、早い段階から実務で使えるレベルが身につくような課題を用意してくれます。

やはりプログラミングを学ぶ段階でも実際にエンジニアとして仕事をしていくときにも、エラーが立ちはだかりますが、自ら考えて解決する方法を学ぶことができるので、現場に出てからもエラーを1人で解決できるスキルを身につけることができます。

校舎は札幌・新宿・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田の7校(福岡は法人向け)あり、自分の住んでいる地域に近い校舎を選ぶことができます。

平日夜間のみや、土日も併用など、好きなタイミングで学習ができるため、学生や働きながら通う社会人などでも通いやすいスクールといえますね。

ですから、マンツーマンの個別指導を求める方や、通学形式かつ色々な場所で学習できる選択肢の欲しい方、たくさんの卒業生を輩出している実績と歴史を重視する方などはチェックしてみてください。

参考:https://www.kenschool.jp/Program/course/sp/

ドットインストール

ドットインストールは5000本以上の豊富なレッスン動画で現在も初心者向けの入門レッスンから中上級者向けのプログラミングレッスンまで様々な動画が月数本ペースで追加され続けている動画閲覧形式のプログラミングスクールになります。

image

参照:https://dotinstall.com/

swfitのレッスン動画は全36回構成になっており、swfitの基礎から応用までプログラミングに重点を置いた講義を受講できます。

変数や演算子、条件分岐などのプログラミング構造を一から理解するための講義も充実しておりswfitで初めてプログラミングに挑戦という方にもおすすめできる教材であるといえますね。

月額980円ととてもリーズナブルなサブスクリプション式で、チャットサポートなどがない分安価に学習を始めることができるサービスですね。

ただ、先にも会話しした通り、swfitに限らず、プログラミングの学習にはエラーがつきもので、質問などができない分、自分で解決策を探さないといけないので、その段階に足を取られてなかなか学習が進まない可能性もあります。

ただ、ネット検索などで疑問を解決することはできますし、プログラミングなどを学んでいる大学生などは、課題などをネットに転がっているコードを基に解決することが多いので、そのような地道ではありますがあきらめずに続ける自信があるという方は、圧倒的に安価に学習を進めることができるのでお勧めできます。

また、無料ユーザー登録すれば、全36レッスンのうち5レッスンが無料で公開されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考:https://dotinstall.com/

Schoo

Schooはドットインストールと同様、動画配信型のプログラミングスクールですが、参加型生放送の授業があることが最大の特徴となっているプログラミングスクールです。

image

参照:https://schoo.jp/

swfitの講義はiPhoneのアプリ開発の基礎から作成、リリース準備まで受講することができ、他のプログラミングスクールより圧倒的に安価に初心者でもswfitの基礎を学ぶことができるので、この講義を導入にして、興味が出ればさらに高度な技術に挑戦することもできます。

加えてSchooはプログラミングスキルだけでなく、ITエンジニアとして生きるための知識や考え方まで教えてくれるスクールになっているため、プログラミング全くの初心者でも安心して始められると思います。

Schooと他の動画配信型のプログラミングスクールとの大きな違いは参加型生放送の授業があることで、あたかも講義に参加しているような感覚で授業を受けることができます。

さらに受講生同士や講師とのやりとりの中で、刺激を受けたり、新たな発見を得ることができ、通学型授業の良さも含んでいます。

生放送を見逃しても録画授業があるため、業界大手企業や専門領域の第一線で活躍する現役のエンジニアの講義がいつでも手軽に受講可能です。

録画授業ではチャプター再生や倍速再生機能があり、自分のスケジュールやスタイルに合わせて学習を進めることが可能です。

無料会員登録で授業の雰囲気をつかむことができ、制限があるものの、動画授業を体験することができます。

限定生放送受講や授業のダウンロードができるプレミアムプランも月額980円からと非常に安価なので、プログラミングを学ぶにあたって料金が気になっるという方や、通学などの時間がとりづらい方などは気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

参考:https://schoo.jp/

まとめ

swfitはiPhoneアプリを開発するうえで欠かせない言語で、iPhoneが普及している限り、iPhoneアプリの需要が消えることはありません。

LINEやInstagramなど、今では誰もが知るようなアプリももともとswfitなどの言語を使いこなすエンジニアが生み出したものです。

swfitを学ぶことでそのエンジニアの仲間入りをし、自分が誰もが知っているような画期的なアプリを生み出すことができる可能性はいくらでもある時代となってきています。

上で紹介したように気軽に学習が始められるプログラミングスクールもあれば、就職やフリーランスでの活躍を保証してくれるような心強いスクールもあります。

swfitで人生を変えたい、なんとなく興味がある、どんな動機を持った方にでも道は開けていますから、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

料金や時間の問題、自分に合ったスタイルなどを見極めてスクールを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら
DMM Web Campが人気No1
公式HPはこちら